導入事例

Ninjaキャラクター

NinjaConnect Teleworkで営業部門向けのテレワーク環境を構築

シールテック株式会社 様
シールテック株式会社 様

導入前の課題

  • 社外からメールなどの業務アプリケーションを閲覧できる環境がなかった
  • 新型コロナウイルス感染症対策として、社員のオフィスへの出社を抑制する必要があった

選んだ理由

  • リモート接続時のレスポンスが良く使いやすい
  • サポートセンターによるサポート対応がスムーズで丁寧

導入による効果

  • 在宅勤務を実施できる環境が整備でき、オフィスへの出社人数を抑制できた
  • 在宅勤務としての用途以外に、外出先での営業ツールとしての活用が期待できる
シールテック株式会社 様

シールテック株式会社は、様々なシールパッキンを取り扱う技術商社です。同社が販売する製品は、自動車や発電プラント、宇宙開発など多岐にわたる業界の製造機械などに用いられ、日本の産業を支えています。そんなシールテック株式会社のテレワーク導入について、業務部の太田氏にお話を伺いました。

「コロナ禍以前は、外出先からメールなどの業務システムにアクセスできる環境はありませんでした。営業部門の社員も、コピーした書類や製品資料を持って顧客を回ることが基本でした。」

そういった状況の中で、テレワークの導入を検討することになったきっかけは何だったのでしょうか。

テレワークを導入するきっかけとなったのは、やはり新型コロナウイルスの感染拡大です。弊社でもオフィスの”密な状態”を回避するために、出社する社員の数を制限しようということで、まずは営業部門を対象にテレワークの導入を検討開始しました。」

これまでテレワークを実施していなかった同社は、テレワークを導入するにあたって、まずどういったところから検討を開始したのでしょうか。

「最初は、『テレワークってどうやってやればよいのか?』というところからのスタートでした。会社のPCにアクセスしてメールを確認したいというニーズがあったため、利用者にとって利便性の高いリモートデスクトップ方式のサービスの導入を検討しました。USBタイプのトークンを利用するタイプのサービスも検討したのですが、紛失した場合のリスクを考慮して、そういったトークンを利用しないタイプのサービスを検討しました。」

コロナ禍において、初めてテレワークに取り組む人も多いため、職場のPCを自宅から遠隔操作するリモートデスクトップ方式のサービスは、利用者にとっても操作が簡単でわかりやすいため、多くの企業で採用が急増しています。

では、数多くあるリモートデスクトップ方式のサービスの中から、採用するサービスを選定する際に重要視したポイントは何だったのでしょうか。

「もちろんコストも重要でしたが、社外からリモートアクセスする以上、情報セキュリティ面で信頼できることは欠かせません。そのうえで、利用者にとってより利便性の高いサービスを採用するために、サービスの使い勝手やパフォーマンスを検証しようと、無料トライアルに申し込むことにしました。」

シールテック株式会社 様

シールテック株式会社 業務部
太田 祐也 氏

NinjaConnect Telework(以下 ニンジャコネクト)では、2週間の無料トライアルプログラムを用意しています。このプログラムに申し込むと、初期設定されたNinjaコネクターが送付され、それを社内ネットワークに接続することでトライアルを開始することができます。実際に無料トライアルを実施した感想を伺いました。

「初期設定に少し時間を要しましたが、サポートセンターからも丁寧にご案内いただけたので、利用者にはスムーズに展開することができました。実際に利用する営業部門のメンバーにトライアルしてもらうことで、具体的な導入イメージが持てました。実は、他のサービスと同時期にトライアルして比較したのですが、レスポンスはニンジャコネクトのほうが圧倒的に良かったですね。比較したクラウドサービスだと、マウスのカーソルの追従性が悪く、操作にストレスを感じる部分がありましたが、ニンジャコネクトにはそういったことはありませんでした。」

在宅勤務において、リモートアクセスサービスのレスポンスは業務効率に直結する問題です。実際に使用してみることで、カタログスペックではなくサービスのパフォーマンスを確認することができたそうです。

また、実際に利用を予定していた営業部門の社員の方にトライアルしていただくことで、事前に想定していなかった新しい用途も発見できたと太田氏はおっしゃいます。

「営業部門の社員に使ってみてもらったところ、テレワークだけではなく、営業先でのプレゼンや製品カタログなどを見せるような営業ツールとしても十分に利用できそうだという意見が出てきました。当初想定していた用途だけではなく別の使い方が見つけられたことも、テレワーク導入への大きな後押しになりました。」

シールテック株式会社 様

シールテック株式会社様システムイメージ

同社は、このように無料トライアルの実施を経てニンジャコネクトの採用を決定しました。管理者でもある太田氏は、在宅勤務においてニンジャコネクトの新しい使い方にトライしていただいているそうです。

「私が自宅で使用しているのはモバイルPCなのですが、在宅勤務の際にはテレビに接続して業務を行っています。大きな画面で業務を行うのは効率が良いですね。」

ニンジャコネクトは、実は4K対応のリモートアクセスサービス。自宅にPCモニターがなくても、テレビに接続することで高画質かつ大きな画面でテレワークすることが可能です。

同社では、現在は営業部門を中心にご活用いただいていますが、今後のテレワーク活用の方針などについて伺いました。

「弊社は、業務の内容からしても製品の入荷・出荷という業務が欠かせませんので、すぐに全社員のテレワークへの移行というのは現実的ではありません。以前、大幅な時差出勤を実施したこともあったのですが、配送業者の対応時間と合わないことから断念したこともあります。また、現在は本社(神奈川県)のみで導入していますが、大阪の営業所でも利用したいとの声もあります。こちらは営業所員が少ないため、まずは電話対応やFAXの対応をどうするかなどの課題解決と合わせて検討していきたいと考えています。」

企業によって、テレワーク導入の最適な形は異なります。その中で、同社がテレワークの活用も含めた働き方改革に取り組まれている様子が伺えます。

最後に、ニンジャコネクトに対する要望や今後期待することについて伺いました。

「利用者が今後増えていくことを想定すると、管理者としては管理画面がより使いやすくなることを期待しています。ニンジャコネクトのサポートは、メールなどの対応もスムーズで、私のわがままもよく聞いていただいています。これからも宜しくお願いいたします。」

日本では、大企業と比較してもテレワークの導入、定着が遅れていると言われている中小企業の中で、在宅勤務や社外の営業活動のシーンでテレワークを導入しているシールテック株式会社の活用方法は、多くの企業にとって参考になるものではないでしょうか。

シールテック株式会社

シールテック株式会社は、オムニシールやロータリージョイント等を取り扱う技術商社です。流体制御のエキスパートとして、宇宙関連機器や電力ガス関連機器をはじめ、厳しい使用条件で使用される各種製品を提供しています。

シールテック株式会社 様
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目18番9号
従業員数 36名
URL http://www.sealtech.co.jp/